ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.11.25 13:00

三島由紀夫の予言

三島由紀夫は自決前、こんな文章を遺している。

私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。
このまま行っら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を
日ましに深くする。

日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、
ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が
極東の一角に残るのであろう。

それでもいいと思っている人たちと、
私は口をきく気にもなれなくなっているのである」
(「
私の中の25年」サンケイ新聞、昭和45年7月7日)

これと、近年の安倍首相の発言を対比してみる。

「世界一、ビジネス・フレンドリーな国にしたいと、
私たちは言い続けています。

この点、シンガポールに追いつき、できれば追い越したい。

真剣にそう思っています」(平成25年7月26日)

「今日は、皆さんに、『日本がもう一度儲かる国になる』
ということをお話しするためにやってきました。

私は、日本を、アメリカのようにベンチャー精神あふれる、
『起業大国』
にしていきたいと考えています。

規制改革こそが、すべての突破口になると考えています。

もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」
同年9月25日)

現在の日本が、三島由紀夫の「予言」を恐ろしいほど
的中させてしまっている“不幸な事実”に、
改めて気づかされるだろう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ