ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.11.27 04:34政治

9.11直後出版の『戦争論2』を再読せよ!


さきほど『戦争論2』を読んでみた。
2001年の9・11同時多発テロの直後に序章を描いて、
なんと年内の11月15日に発売した単行本だ。
恐るべきスピードである。
あの時の幻冬舎は頑張っていたんだな。
そういえば当時のわしの秘書が印刷所に行って
徹夜で
校正を手伝っていたということもあった。

ところがこの本が出版された記念として行われた
保守派
のシンポジウムでは、会場からヤジと怒号が
押し寄せて、
自称保守派とネトウヨからも
大バッシングとなり、
そして自称保守&ネトウヨは
「アンチ・小林よしのり」
と化してしまった。

雑誌「正論」でも「諸君!」でも、ネトウヨの意見を
転載する形で、「『ゴー宣』は終わった」という記事を
作っていた。

自称保守派はアメリカ支持で、「対テロ戦争」の
名目で、
アフガン・イラク戦争に突き進むことを
絶大に支持し、
称賛したのである。
その一人が中西輝政だが、週刊文春も週刊新潮も、
この
中西輝政のコメントを未だに有難がって
使っている。
本来、アフガン・イラク戦争のウルトラ大失敗によって、
腹を斬るか、言論活動を止めなければならない
人物である。

イラク戦争がイスラム国を生み出した!
これを否定することは出来ない!

『戦争論2』では、序章でイスラム原理主義による
テロの
原因を描いているが、これが今見ても
パーフェクト!
9.11直後に一気に描き上げたのに、今でも
通用する分析
となっており、超名作と言える
一本である!
我ながら神が降りて来ていたのだろう。

現在のパリ同時多発テロはイスラム国の仕業だが、
アルカイダのときと根本原因は変わっていない。

誰もがあらためて『戦争論2』を読むべきだろう!
2001年の段階で、わしをバッシングしていた者たちも、
あの頃から少しは知能が進歩したのなら、今度は
じっくり
再読してみるがいい。
小林よしのりが完璧に正しくて、あの時点で現在に
繋がる
「対テロ戦争」を洞察していたということが
分かるはずだ。

 「新ゴーマニズム宣言SPECIAL」『戦争論2』

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ