ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2015.12.5 13:29

監獄タンゴ

親知らずを抜歯して五日間。

まだ腫れがひきません。

顔の輪郭がいびつなまま、

今日はミュージカル『CHICAGO』を

観に行ってきました!

 

CHICAGO』は大好きな作品の一つです。

欲にまみれたこの世界。
注目を集めるためならどんなウソでもつく。
殺人だってアクセサリーの一つ。
それが何か?
・・・というのがCHICAGO

人間のいやらしくて汚いところを
これでもかと体現してみせて、
でもそれがなぜか愛おしくてたまらない。
・・・というのがCHICAGO

昨年は宝塚100周年記念OGバージョンで

世界初・女性だけの『CHICAGO』を

観てきました。

このときは元男役トップスターたちの

色気に圧倒されまくり。

今年は本場ブロードウェイ『CHICAGO』の

看板女優アムラ・フェイ・ライトさんと、

マッサンでおなじみのシャーロット・ケイト・フォックスさんの

コンビで展開されるミュージカルとあって、

始まる前からウキウキワクワク。

 

華やかでコミカルなエンターテインメントは

やっぱりアメリカがすごい!

 

シャーロットさん演じるロキシーが

操り人形のようになって

マスコミの注目を集めるシーンや、

口八丁のイカサマ弁護士ビリーが

その能力を存分に発揮する法廷のシーンなど、

躍動感があって、「自分が今この目で見ている!」と

思うだけでちょっと感動モノでした。

 

もっとも、私が一番好きなシーンは、

6人の女囚人たちが繰り広げる「監獄タンゴ」。

キーワードのつぶやきから始まり、

それぞれ牢獄につながれた理由を披露していきます。

その過程でキーワードの意味がわかってくるのですが、

要するにみんな人殺し。

でも、彼女たちはムチャクチャな理屈で無罪を主張。

そして口を揃えてこう言うのです。

「その場にいたらあなただって同じことをしたはずよ!」

 

 

女ってこわい!

こわすぎる!!

でもなぜかこのシーンが一番、

心が躍ってしまう!

道徳心のカケラもない女囚人たちに

親近感さえ覚えてしまう・・・

なぜだ!?!?!?

 

 

えー、ご覧になったことのない方すみません。

テンション高いまま書いてしまいました。

シャーロットさん、お人形さんみたいで

かわいかったです。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ