ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.8 00:24政治

林芳正議員はクレバーで安定感がある


昨夜、BS日テレの「深層ニュース」に出たが、林芳正議員は

やっぱり情緒が安定していて、バランス感覚が良い。

現在の全体主義的な自民党の中で、公の席で、わしと一対一で

話せる議員というのも、なかなかいないだろう。

しかも大臣経験者なのだから、なおさらだ。

 

宏池会系といえども、軽武装経済重視の今までの路線のまま

ということでもないと、林議員が明言してくれたことは収穫

だった。

だとしたら自民党の中では、わしが応援できる勢力なのかも

しれない。

 

林議員は言論人の役割りと、政治家の役割りの違いも、よく

分かっていて、そこも安心できる。

最近の政治家は、論壇誌やネット言論に接近しすぎていて、

そこが勇ましさを競う劣化につながっている。

しかも嫌韓・反中・従米のコアな支持層を失望させられない

ために、ネトウヨ的劣化を深めていく。

 

林芳正氏はまだ54歳というから、わしより8歳も下だ。

これから総理の道を目指せる。

昨日の男性司会者も、わしの『東大一直線』を読んでたと

言うし、林氏も同じ世代なのだ。

『東大一直線』の世代が、まだ50代で、これから社会の

上層部に来るのかと気づいて、それが昨日一番の驚きだった。

 

その下には、いずれ『おぼっちゃまくん』世代が育つのだし、

『ゴーマニズム宣言』の世代も来るのだろう。

案外、まだまだ希望はあるような気がする。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ