ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.12.8 13:32お知らせ

明日発売『愛国志士、決起ス』の意義は?ライジング158配信!

明日は書店に行こう!
小林よしのりライジングVol.158
配信です!!

今週号のタイトルは
「“日本人”かどうか?
 リトマス紙としての『大東亜論』」

いよいよ明日!
大東亜論第二部
『愛国志士、決起ス』
が発売になります!!

戦前、大亜細亜主義を掲げ
勇躍した結社「玄洋社」
その設立前史の物語。

玄洋社の存在そのものが、
GHQの占領政策以降
日本人の記憶から
消し去られてきたくらいで、
その玄洋社を生み出すのに
大きな影響を及ぼした
明治初期の種々の事件に関しては、
全く人びとが振りかえることもなく
今日に至っています。

俗に「不平士族の反乱」と言われる、
西郷隆盛の西南戦争に至る武装蜂起を
『愛国志士、決起ス』は
描いています。
そこにこそ、日本人が忘れかけている
ものがあるからです。
これを取り戻すことが出来るかどうかに、
日本の未来がかかっていると言って、
間違いないからです!

さあ、今日のライジングをしっかり読んで、
明日は『愛国志士、決起ス』を
手にしましょう!!

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
 …明日・12月9日、『大東亜論』第二部
 「愛国志士、決起ス」が発売される。
 この作品で描いているのは明治初期に起きた動乱、
 いわゆる「不平士族の反乱」である。
 しかし、この動乱を「不平士族の反乱」と呼んだ時点で、
 もう日本人ではない!!
 明治維新以後、失われた「日本人のエートス」とは何か?
 西洋文明に対して負けることを覚悟で蜂起した、
 志士たちの気持ちを理解できるかどうか?
 それは日本人としてのアイデンティティを
 持っているかどうかを判断するリトマス紙となるのだ!
※「ザ・神様!」
 …ついに恋しいミヤズヒメとの再会を果たし、
 めでたく男女の契りを結んだヤマトタケル。
 しかし、そこで生まれた小さな心の緩みが、
 運命の大きな分かれ道に!?
 父・景行天皇の愛を渇望し、哀しい戦いに
 身を投じ続けたヤマトタケルの物語、
 いよいよクライマックスへ!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
 モノの見方はどのように育んできた?
 ストーカー行為を繰り返す老人が増えている!?
 日本が対テロの有志連合に加わる可能性はある?
 友人に『ゴー宣』を勧めたい!どの作品から読ませるべき?
 「ふるさと納税」をどう思う?
 史実を元にフィクションを作る場合、
 史実通りに描くべきでは?…等々、よしりんの回答や如何に!?
【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第154回
 「『大東亜論』【愛国志士、決起ス】について」
2. しゃべらせてクリ!・第118回
 「最高ハッピー!艶子サンタの
 ラブラブクリスマスぶぁ?い!の巻〈前編〉」
3. もくれんの「ザ・神様!」・第70回
 「ヤマトタケル物語・その11」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記
トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ