ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.11 04:14メディア

野坂昭如氏ら「朝ナマ」文化人を偲ぶ


野坂昭如が亡くなった。

小田実も大島渚もすでにこの世にいない。

3人とも「朝まで生テレビ」の常連で、反戦平和の

「サヨク」だった。

戦後の才能ある文化人は「サヨク」が主流だった。

西部邁がその流れを変えた。

「サヨク」が限界を迎えていたのだ。

 

その頃はわしは一般視聴者だったが、「朝ナマ」は

文化だった。

エンターテインメントとしても面白かった。

わしが出演し始めた頃は、まだ野坂や大島は健在だった。

『戦争論』のわしが登場した頃は、二人とも不愉快そう

だった。

野坂には「小林よしのりをぶん殴ってやる」と宣言され

ていた。

どこかで会わずに済んでよかった。

 

わしは自宅に閉じこもる職業である漫画家ゆえに、

しゃべりはてんで苦手で、まだ「サヨク」の彼らにも、

論理より、存在感で圧倒されていた。

とにかく昔の「朝ナマ」はキャラが濃かった。

小田実も野坂昭如も大島渚も、プロフェッショナルと

して、独自の作品やムーブメントを生み出す業績を

持っていた。

なんといっても「才能」である。

今の「サヨク」や「自称リベラル」には「才能」がない。

「才能」のある者は、社会性がないオタク系になって、

言論の世界には登場しない。

 

高度経済成長が終わり、社会から「活力」がなくなって、

若者の中から強力な「存在感」を発揮する者が育たなく

なった。

若者を活性化させるためにも、わし自身が謙虚さを捨て、

嫌われる覚悟を持たねばならぬと内省している。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ