ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.22 04:24政治

夫婦同姓=家族の保護、にはならない


最高裁が「夫婦同姓」は合憲とした。

わしは別にこの憲法判断に意義はない。

結婚前の「氏」が便利なら通称を用いればいいだけだ。

 

「夫婦別姓」が男女同権の象徴であって、少数派擁護の象徴

であって、リベラルの象徴であると思っているのなら、

錯覚だ。

 

一方、自称保守派が「夫婦同姓」を「伝統」と言うのも錯覚

だし、「夫婦同姓」が家族の絆を守ると主張するのは、

もっと大きな錯覚だ。

 

今日の産経新聞「正論」欄に、百地章がこの「夫婦同姓」の

合憲判決について、実に奇妙なことを書いている。

「家族を国が積極的に保護」するのは国際社会の常識だと

書いているのだが、さらに

今こそ憲法に『家族の保護』を明記し、国や社会の手で

積極的に家族を保護していく必要があるのではなかろうか

と締めくくっているのだ。

 

憲法に「家族の保護」を明記するのなら、わしは賛成だ。

それは国民による権力への命令になるから、立憲主義に

適っている。

だが、自民党の第二次憲法草案では、「家族は互いに助け

合わなければならない」として、権力による国民への命令に

なっている。

これは立憲主義に適っていないのだ。

 

やはり百地章及び自称保守派、あるいは安倍政権は、

立憲主義の意味が分かってないのではないか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ