ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.26 04:07日々の出来事

自己否定のわしの描き方

でに来年2月発売の「SAPIO」の『大東亜論』コンテを

昨日上げて、担当氏に渡した。

「今までで一番面白かった。物語が新しいステージに入った。」

という感想をもらってすごく安堵した。

この担当氏、「今までで一番面白かった」と言うこと自体が

僭越だと思っているようで、なかなか繊細な編集者である。

しかし、これだけは年内に見てほしいと思っていた一本

だったので、ありがたかった。

これで年内に踏ん切りがつけられて、すっきりした。

 

漫画家というのは・・と言うよりも、わしの漫画家人生は常に

自己否定の連続だ。

漫画は基本的にはヒット作しか認められない。

本当は大ヒットにならなかった作品にもファンはついていて、

後に名作だったと言われて、嬉しかったりするのだが、

自分の中のエネルギーがヒット作を欲しがってしまう。

 

だが漫画家なんて生涯で一本ヒット作を残して消えていく

者がほとんどで、二本出したら確実に中堅、三本出したら

大家になると、かつてわしをデビューさせた少年ジャンプの

編集長から言われたものだ。

 

わしの場合、すでに三本以上のヒット作を出したが、

その陰に膨大な不発の作品群がある。

『卑怯者の島』なんて名作と思うのだが、残念ながらその

不発の作品群に入ってしまった。

そこで自己否定が始まる。

この作品の完成を熱心に勧めてくれた編集者や近しい人たち

には感謝している。

あれはやはり完成させねばならなかった作品であり、

わしとしては代表作の一本だ。

だがヒットしなかった作品は自己否定せねばならない。

 

自己否定とは、作品自体の否定ではなく、わしの描き方の

否定である。

 

膨大な不発の作品群の数だけ、わしは自己否定を重ねてきた。

人に言われなくても、自己否定の連続で描いているのだ。

なぜダメなのか、なぜヒットしないのか、連載を止めるべきか、

まだ可能性があるのか、もう才能が枯れたのか、時代に取り残

されたのか、ここが限界か・・とことん自分と作品を客観視

して結論を出す。

 

自己否定を繰り返すストレスに耐えられるか否か、それが

苦痛だと思う日が来たら引退するしかないのだろう。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ