ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.27 02:13政治

アメリカの国益になるのは親米保守派ではない


「ゴー宣道場」のサイトにある「外国特派員協会での会見」は

まだまだ残しておこうと思っている。

当サイトへの訪問者にはワシントンからのアクセスが多いし、

海外からの訪問も多いからだ。

日本人は誰もがアメリカに寛容ではないということを示して

おかねばならない。

 

アメリカはウェストフォリア条約以降の「国家主権・内政不干渉」

の原則を平然と破り、国連安保理決議すら無視して侵略戦争を

行ってきた。

世界の国々の「国柄」を無視して、「民主主義の普遍化」を最高の

価値と妄信するアメリカには警戒を怠ってはならない。

その結果が現在の中東の果てしないカオス化・無秩序状態であり、

アメリカ自身の威信の低下、「パクス・アメリカーナ」の崩壊に

繋がっている。

 

イラク戦争を支持した日本の「親米保守派」と、断固反対した

小林よしのりの、どちらが真にアメリカにとって有益な助言者

だったか?

それを理解させるためにも、「外国特派員協会での会見」は、

残しておかねばならない。

「親米保守派」なんて連中は、臆病なだけで、アメリカに媚びを

売って追従してるだけだから、アメリカの国益にとって害になる

だけだ。

そこをアメリカ政府は考えておくんだな。

 

未だに日本国内には、アメリカの「グローバリズム」戦略に洗脳

されて、TPPに期待を寄せている馬鹿者どもも多い。

世界中の中間層の崩壊を招き、「超格差社会」を招来してしまった

「グローバリズム」というアメリカの戦略イデオロギーが、

世界の人々をどれだけニヒリズムに陥れ、テロの脅威を増やしたか、

まだ日本人も分かってないのである。

 

日本人の中にも、本気で怒っている者がいるぞという動画を公開

しておくことは、まだまだ意義があることだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ