ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.27 10:55芸能など

高橋みなみの『リーダー論』を推薦する


AKB48高橋みなみ『リーダー論』(講談社)が
贈られてきた。
表紙をめくったらなんとそこに「たかみな」のサインが!
これは嬉しい!

高橋みなみ『リーダー論』

高橋みなみ『リーダー論』

「たかみな」は田原総一朗に任そうと思っていたのだが、
本当はわしも大ファンなのである。

「たかみな」は大人に媚びるのではなく、
配慮によって意識を通じ合わせる。
精神年齢が高いのかもしれないが、少女たちだけでなく、
大人をも守ってくれる母性を持っている。
この本の中では「母でなく父の視点に立つ」と言っているが、
なるほど少女たちにはリーダーとして「父の視点」
を持っているのだろう。
わしから見れば、孤独に責任を引き受けている姿が
いじらしくて、可愛くてしょうがないのだが。

しかし言っちゃいけないだろうが、開拓期のAKBは
良かったな。
前田敦子大島優子篠田麻里子板野友美・・
みんな卒業してしまって今度は高橋みなみか。
『1830m』のポスターが今もわしの部屋に貼ってあるが、
いつもこれを見て懐かしく思い出している。

未踏の地を開拓していく初期のメンバーは
本当にかっこ良かった。
今のAKBに一つ苦言を呈すが、「目標」がないことが辛い。

「努力は必ず報われる」という名言は有効である。
彼女たちは「目標」に向かって誰よりも努力していたのだ。
「たかみな」に「努力しても報われません」なんて
言ってくる者は、単に甘えているんだろう。

しかし田原総一朗は勧めるが、政治家には
なってほしくないなあ。
政治家はつまり権力者だから、政策に異議があれば、
わしは批判しなければならなくなる。
高橋みなみは、ずっと伝説として語り継ぎたいものだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ