ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.12.30 04:43政治

「ライダイハンの像」を韓国大使館前に

産経新聞が「慰安婦合意」について、安倍首相の意を汲む

記事に転換を図り始めた。

この度の合意は子孫を「謝罪の宿命から解放」するためと

いうのが安倍首相の真意であり、「国際注視の約束を破ったら、

韓国は終わる」と言っているそうだ。

 

朝日新聞では、10億円は「少女像移転が前提」と報じている。

米国が国際社会に合意の支持を呼び掛けるそうだ。

 

だが、日本からの10億円を韓国が何に使うかと言えば、

「慰安婦記念館」なのである。

おそらく中国の「南京虐殺記念館」みたいなものを作るつもり

のようだ。

日本が「慰安婦記念館」の設立費を出すことになる。

 

つまり歴史認識では、「慰安婦は日本軍が強制的に性奴隷に

したものであり、日本軍の残虐性を示す証拠である」という

ことになる。

 

残念ながらこれでは真実が見えないのだ。

「戦場と性」の問題がずいぶん矮小化されてしまう。

たまたま日本軍という極悪人がいたから慰安婦問題が生じた、

慰安婦は完全な被害者であるという、あまりにも短絡的な

見方になる。

これでは今後も「戦場と性」の問題は続いていくだろう。

 

本質を隠ぺいせずにこの問題を提起しておくためには、

日本の韓国大使館前に「ライダイハンの像」を立てればいい。

韓国軍はベトナム戦争で夥しいベトナム人を虐殺し、女性を

強姦し、子供を産ませて帰国した。

その子供たちのことを「ライダイハン」と言う。

 

日本は「ライダイハン」のような悲劇を生まぬために、

日本国内の「公娼制度」を軍に持ち込み、日本兵よりも高額な

賃金を渡し、軍医によって梅毒が流行らぬようにチェックした。

したがって日本軍は「関与」したのだ。

「関与」しなければ、「ライダイハン」の悲劇を生むことになる

から、これを防ぐための「関与」であった。

「戦場と性」の問題は未解決のままになった。
「ライダイハンの像」が要ると思うが、いかがだろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ