ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.5 03:06メディア

田原総一朗氏を信用する


田原総一朗氏がツイッターでこう書いていたという。

「小林よしのりさんのブログを読みました。僕を信用してほしい。

絶対に小林さんを裏切らない。」

 

それならば、あっさり信用する。

わしの疑念が、一般人を装った自民党議員のヤラセで加速して

しまった。

 

なにしろ各テレビ局や新聞社の上層部が、安倍首相とゴルフや

食事をしているし、安倍政権に批判的な報道番組の司会者や

コメンテーターが、次々降ろされているのを見ると、

もうマスコミは信じられないという気持ちになっている。

 

わし自身が自民党リベラル派の勉強会を潰されて、

政権の言論統制の意欲の異常さを見せつけられた経験もある。

権力に迎合するマスコミは迂闊に信用してはならない。

 

わしとて安倍政権が女性宮家創設を実現してくれるなら、

それが民主党の「一代限り」という不完全なプランを上回る

万全のプランだったら、自民党支持になってしまうだろう。

 

だがそれでわしが権力監視を怠るようなら、やはり言論人と

しては失格だ。

自分の支持政党を超えて、「公」のために発言しなければ

ならない。

 

田原総一朗は「朝ナマ」で、天皇に関する議論、右翼の議論、

部落差別等々の、当時は日本人が触れるのをためらう、いわば

タブーの問題に敢然と挑戦して、「言論の自由」の領域を格段に

拡張した。

この功績は偉大なものであり、大いに尊敬している。

最後まで権力に取り込まれることなく、かっこいい人間で

あってほしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ