ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.14 01:10日々の出来事

糟糠の妻を堂より下すもあり得る


8時からテレビをつけてペン入れしているが、SMAPの解散報道や、

ベッキーと不倫したゲスの極みの妻の告白や、船越英一郎と松居一代

の離婚報道が大きく扱われている。

しかし番宣でスタジオに来た草彅剛に、SMAP解散報道について

全然インタビューしないのも白々しいね。

 

ゲスの極みにせよ、船越英一郎にせよ、男が出世したり、有名になれば、

女が寄ってくるのは当たり前だよ。

女の本能が強ければ強いほど、そういう男に吸い寄せられる。

創作者は快感にしたがって創作しているわけで、義理人情で創作なんか

出来るはずがない。

 

「糟糠の妻は堂より下さず」と言うが、ゲスの極みも、ミスチル桜井も、

TERUも、苦労を分かち合った妻を捨てた。

わしの友人の甲斐も、糟糠の妻じゃないけど、最初の妻を捨てて、再婚

したな。

 

松居一代は無理がある。

たかが結婚で、男を女の所有物に出来ると考えていたら大間違いだ。

非凡な夫に快感を与えられないダメな妻だ。

 

女も美人はどんどん離婚してほしいね。

北川景子みたいな女優は特に老ける前に離婚してほしい。

秋吉久美子が60歳にもなって男をベッドに誘う演技をしているのは

大したものだ。

結婚・離婚を繰り返す陰影の濃い人生を送っているから、本能の赴く

ままの演技が似合うのだろう。

 

こんなこと言ってると、一般の主婦や真面目な女性たちには嫌われる

だろうけどね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ