ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.14 03:57メディア

開拓使官有物払い下げ事件の描き方に疑問


「あさが来た」は完全に明治政府・無謬史観になっているので、

大久保利通も単なる立派な人として暗殺されてしまった。

なぜ暗殺されたのか、分からないままだ。

 

五代友厚は大久保の盟友だが、「開拓使官有物払い下げ事件」を

どう描くかは気になっていた。

どうやら新聞や世間の風評や自由民権運動の方を悪にしたいらしい。

女性視聴者に大人気の五代友厚を悪徳商人にするわけには

いかないようだ。

 

『大東亜論』を読んだ者なら、「官有物払い下げ」は汚職事件と

知ってるはずだし、明治14年政変に繋がる自由民権運動の

盛り上がりのきっかけになった事件だ。

この件、3月発売の「SAPIO」で描かねばならないな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ