ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.14 08:57小林よしのりライジング

今日15日の生放送で話すこと


今日の生放送だけど、「悪魔が憑りつく〈運動〉という示威行為」

と書いちゃったけど、「〈デモ〉という示威行為」だよね。

なんでもいいや。

とにかく「運動」というもの、「デモ」というものに踏み込んだら、

必ず異常行動をするようになり、常識人がいくら注意しても目を

覚まさない、むしろ意固地になって自分の「正義」を確信する

ようになるのは何故なのか?

かつて『脱正義論』で描いたけれども、再度、人間の心理を探り

たくなった。

 

それからベッキーとゲスの極みの不倫騒動も、今週の週刊文春に

妻の独占告白が載ってるから、やっぱり触れてみたいんだよね。

 

SMAPの解散騒動も、わしは関心がある。

わしは天下国家や社会問題を論じているが、こういう大衆的な

芸能の世界にも興味を持つ人間だから、少し話してみたい。

ファンは解散させたくなくて、「世界に一つだけの花」を買おう

という運動まで始まっているけど、違和感バリバリなんだよ。

 

そして新年始まって以来、株価がどんどん下がっているが、

そんな中で安倍首相がアベノミクスの成果を相変わらず強調し、

「夫の給料が50万円、景気が良くなったから、妻もパートで

働きだしたから、その賃金が25万円」なんて言ってるが、

これってどうよ?という話もしたい。

 

さらに昔なら、こんなバカな発言をしたら、マスコミは袋叩きに

していたはずだが、今は大した騒ぎにしない。

やっぱりマスコミの権力に対する態度がおかしい。

「クローズアップ現代」の国谷裕子を降板にしたのもおかしいし、

時間帯を変更するのもおかしい。

「報道ステーション」のキャスターを完全なノンポリにするのも

おかしい。

ジャーナリズムが全部、権力に屈して変質している。

 

こういう話を全部、今日の生放送でやりたいと思う。

1  悪魔が憑りつく「運動」について

2  ベッキーとゲスの極み不倫

  SMAP解散できるのか?

4  株価暴落とアベノリスク

5  権力とジャーナリズム

 

以上の箇条書きを、トッキー、ホワイトボードに書いておいて。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ