ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.16 04:08政治

国会議員は気楽な稼業ときたもんだ


先日、タクシーに乗ったら、運転手が若くて、全然道を知らない。

多分、リストラされて、タクシードライバーに転職したばかり

なのだろう。

最近はやけに道を知らない運転手が増えて、いちいち道案内しな

ければならないのがうざくてしょうがない。

 

タクシーに乗ったら、シートベルトの着用を要求されるのも

ウザいが、後部座席でうたた寝することも許されないのだ。

まるで自分が運転手みたいに道案内しなければいけない。

「そこ、側道に入って」と言ったら、左折して別の道に入ろうと

するし、なんと信号待ちで、必死で瞼をこすっている。

運転しながら睡魔と戦っているのだ。

危なすぎるから「次の信号で降ります」と言って、途中下車、

別のタクシーに乗り換えた。

 

こういう調子の運転手が増えているから、スキーバス転落事件の

運転手も、居眠りしてたのではないか?

睡眠不足で、暗い山中の道を走ってたら眠くて仕方がなくなる

のだろう。

 

格安バスならば、コスト削減も厳しいから、運転手の質や資格を

問わずに高齢者を採用し、健康管理もおざなりで、過酷な仕事を

やらされていたのだろう。

価格競争と人手不足で、安ければ消費者が喜ぶから、コスト削減

で質を劣化させているうちに、未来ある若者たちの命を犠牲に

する結果となった。

 

富裕層優遇で中流層を崩壊させ、下流層に落ちた労働者たちには、

一億総活躍とケツを叩き、自己責任で働かせながら、国会議員は

「育休」を取って、夫婦で年収5000万円!

安倍首相の弁では、「夫は月収50万円、景気が良くなったから

妻がパートに出て25万円」なんて平然と言っている。

それが自民党の現状認識だ。

世間知らずのゲスの極み、自民党。

植木等の「スーダラ節」の節で、「国会議員は――、気楽な稼業と、

きたもんだあ――♪」と歌いたくなるね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ