ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.20 04:21経済

株価が下がる、年金が危ない


株価が下がりっぱなしだな。

元旦には「朝ナマ」でアベノミクスへの期待を盛り上げる討論を

やって、年初には新聞が今年の経済の見通しは明るいと煽り記事を

書きまくり、テレビでは経済界の楽観論を垂れ流して、週刊誌では

エコノミストが今年の株価は爆上げだと予測していたが、おやおや

まだ1月なのに、あっという間に結果が出ましたか?

 

しょせん株価なんて一般国民の景気実感には全然関係ない世界で、

そこは「朝ナマ」で竹中平蔵が「トリクルダウンはない!」と明言

しちゃったくらいだから、当たり前のことである。

去年、すでにトマ・ピケティが「トリクルダウンはない」という

証明をしてたから、竹中氏も認めざるを得ないと思っていたのだろう。

 

「朝ナマ」では、いきなり「今日はアベノミクスで3時までやる」

と言われて、「聞いてないよ」と思ったが、わしが「小泉構造改革

からずっとトリクルダウンはないと言ってきた」と強調したことが、

竹中平蔵の「トリクルダウンはない!」宣言を誘った結果になった

ので、わしとしては「してやったな」と思っている。

 

そしてこの株価暴落が、アベノミクスという「幻想」を崩壊させる

ダメ押しになる気配が漂ってきた。

もちろんこの事態は、我々国民の年金積立金までぶち込んだ博打に

負けるということだから、全然喜べる話ではないのだが。

 

アベノミクスは国民に負の遺産しか残さないだろう。

イラク戦争でも賛成した奴は責任取らないから、今度も同じ卑怯を

見ることになるのかもしれない。

 

クソ左翼どもが「立憲主義を騙る護憲主義」で、アンチ安倍政権の

運動ばっかりやってるから、大の運動嫌いのわしは、クソ左翼を

やっつけたいのだが、「中間層崩壊」は国家の危機だから、

愛国心から安倍政権を批判せざるを得ない。

このジレンマを解消してくれる政党があればいいのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ