ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.30 03:49経済

日銀、未だにトリクルダウン信仰の目が覚めず


日銀のマイナス金利導入は未だにトリクルダウン信仰を継続

している証しに過ぎない。

安倍政権の御用新聞・産経新聞が「異次元緩和 再び活性化」

という見出しで解説しているが、図らずもこう書いている、

金融緩和による円安・株高効果はかつてほどではないし、

企業収益増に伴って富が賃金面に滴り落ちる『トリクルダウン』

も『ちょろちょろとしている』(浜田宏一内閣官房参与)」。

だからマイナス金利で「再び活性化」すると言いたいらしい。

 

いくら金融緩和を進めても、「トリクルダウンはない」という

結論は、一時はアベノミクスに幻惑されて、評価するミスを

犯したクルーグマンもスティグリッツもトマ・ピケティも、

最近では認めていることだ。

竹中平蔵も、わしの目の前で「トリクルダウンに期待する方が

おかしい」とまで言ってのけた。

 

それなのに、日銀はマイナス金利で、銀行が企業に貸し出しを

せざるをえなくなり、企業は資金を借りて設備投資や賃上げをし、

景気の好循環が実現すると、またまたトリクルダウン信仰の

継続である。

そりゃあそうだろう。アベノミクスにとってトリクルダウンが

ないということになれば、異次元緩和をやった意味がない。

 

だが銀行は日銀の当座預金に預けても損するだけだから、企業に

貸し出すしかないと思ったところで、企業の側が設備投資をする

自信がないから借りたくはない。

むしろ金融機関の収益が悪化する危険も考えられる。

奇策を出せば、一瞬、株価が上がるだろうが、相場の乱高下で

投機家を喜ばせるだけで終わる。

 

結局、日銀ももはや手詰まりで、追い込まれた果ての奇策なのだ。

一体どうなってしまうのかしらね?

「朝ナマ」でも、あんなにアベノミクスを応援したのにね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ