ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.1.31 09:03ゴー宣道場

自虐史観への逆回転を阻止できるか?


「ゴー宣道場」の応募締め切りが2月3日(水曜)に迫ってきた。

もともと慰安婦問題は、わしが『戦争論』を描くきっかけになった

事件であり、さらに藤岡信勝氏に誘われて、「新しい歴史教科書を

つくる会」の創設メンバーに参加する契機になった事件でもある。

 

ここから南京事件も含めて、日本の「自虐史観」を是正する戦い

が始まったわけだが、それに勝利するうちに国民世論の「右傾化」

が「排外主義」に劣化していく経緯があった。

 

「右傾化」自体は、それまでが「左傾化」していたのだから、

適正な位置に留まれば、「中道」を歩めたはずである。

 

だが、「右傾化の劣化」が進むうちに、『戦争論』や「つくる会」の

影響を受けていない次世代が育ち、またしても「純粋まっすぐ君」

である若者たちが「左傾化」しつつあるように感じる。

それをうまく取り込んで、再び「戦後レジーム」「東京裁判史観」に

引き戻そうという「左翼及びサヨク」の鳴動が始まっている。

 

はっきり言って、日韓基本条約で「完全かつ最終的な決着」をした

はずの問題の蒸し返しを認め、10億円の賠償まで提示した今回の

安倍政権の「合意」について、右派・保守派が「安倍政権だから

真剣には怒らない」という態度を取るのだったら、時代の風潮は

逆回転し始めて、再びの「自虐史観」に戻っていくだろう。

「安倍政権には盾突かない」「安倍首相を名指しでは批判しない」

「でも、合意に賛成しないという文句だけは言っておく」

その程度ならば、時代の逆回転は止められない。

このことは警告しておく。

 

214日の「ゴー宣道場」は、これまで戦ってきた歴史認識問題

が水泡に帰すかどうかの分水嶺となる議論になる。

そのことを自覚して、参加してほしい。



当日、道場の入場料は、お一人様1000円です。


参加ご希望の方は、このweb上の申し込みフォームから申し込み可能です
絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

※「申し込み確認メール」が届かない方は、以下のような原因が考えられます。

・迷惑メール対策サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている
・着信拒否サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが着信拒否の対象となっている
・ドメイン指定受信を利用していて、「gosen-dojo.com」のドメインが指定されていない
・セキュリティソフトやメールソフトで迷惑メール対策をしていて、 「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている

reply@gosen-dojo.com」からのメールを受信できるよう再設定をお願い致します。

「申し込み確認メール」が届かない場合、当選メールも届かない可能性がありますので、
ご注意ください絵文字:重要


申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。

当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。
プリントアウトができない方は、当選メールの受信が確認できるもの
(携帯電話、タブレット等)をお持ちの上、ご来場ください。

 道場参加申し込みフォーム

応募〆切 は 平成28年2/3(水) です。

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ