ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.5 02:05政治

アイドルを国会議員にするな!


自民党が参院比例で元SPEEDの今井絵理子を擁立するという。

知名度があるし、子供が身障者だから、同情票も集まるという

魂胆だろう。

わしはこういう偽善的な感覚がすごく嫌いで、むずがゆくて

たまらない。

 

菊池桃子も子供が身障者だから、自民党の国民会議とやらに

招かれているらしいが、そこまでならいいが、国会議員に立候補

するのは止めてほしい。

 

権力者になれば、政策が違うと思えば、批判しなければならなく

なるし、今でもファン意識があるのに、とことん失望してしまう。

権力者ならば、風刺漫画で、醜い顔に描くこともあり得る。

アイドルだって、内面の醜悪さを抉り出して漫画化することは、

当然出来る。

そういう辛いことをわしにさせないでほしい。

せめて菊池桃子は永遠のアイドルでいてほしい。

 

最近の国会議員は、出会い系コンパみたいになっていて、議員

どうしで恋愛したり、結婚したり、育休したりし始めるので、

気色悪くてしょうがない。

 

国民のため、公のために、働きたいというよりも、婚活のために

立候補してるんじゃないかと思ってしまう。

公人のくせに、私人の私利私欲を国会に持ち込むんじゃないよ。

自民党はポピュリズムばっかりやるな!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ