ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.9 04:51経済

株主資本主義の破綻


最近は予想が当たるのが短期になったものだ。

正月からマスコミが今年はアベノミクスで輝ける年になると

言ってたので、「嘘をつけ」とブログで書いてたら、

たちまち株価が下がり始める。

 

あげくにマイナス金利で、「その効果は瞬間的でしかない」

と書いてたら、たちまち株価は暴落していく。

 

実質賃金もここ数年、下がりっぱなしで、景気回復の実感など

どこにもない。

正月のマスコミの楽観論から、たった1か月半でこの結果だ。

エコノミストの意見なんか聞かなくても、庶民は実感で分かる

ってことじゃないか?

 

これを長く続いたデフレマインドのせいだという意見にも賛成

できない。マインドの問題じゃないよ。

将来不安が大きすぎて、貯金を切り崩す勇気なんか持てないし、

実質賃金が先細る中で、ちびちびとでも貯金してなきゃ怖い

というだけだ。

日本人らしい堅実さは立派だよ。

 

トリクルダウンがないのなら、ボトムアップする経済の策を

政治家や官僚や経済学者が出してくれればいいのに、今のまま

株主資本主義に血道を上げるばっかりでは、銀行預金がマイナス

金利になったとしても、タンス預金するしかないと考えるだけ

だろうな。

そもそも金利がゼロとかマイナスって、資本主義が終わってるよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ