ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.16 03:05メディア

電波停止の脅しをかける安倍・高市は醜い


高市早苗も醜悪な人間になったもんだ。

女が権力を握ると準男性になるから不気味なのだ。

高市は「政治的公平性」を欠く番組を放送したら電波を停止すると

脅しをかけている。

 

「政治的公平性」を権力者がチェックするという異常さに、高市は

気づいていないのだから、まさに権力は驕り、腐敗する見本だ。

 

放送局のスタッフが委縮しなければいいというのは正論だが、

組織人というのがいかに面倒を嫌って、自己規制するかは知れた

ものだ。

それは自民党内で執行部に逆らえない議員がいっぱいいるし、

自民党の不祥事があるたびに、自党議員のテレビ出演を自粛させて

いる姿からでも分かるではないか。

組織人は出世できなくなることを恐れ、上司の機嫌を忖度して動く

もので、組織の顔色を無視して、権力批判を続けるのは難しい。

 

組織人は弱い。それを知ってるから権力は「電波停止」の脅しを

かけ続けるのだ。

 

権力批判はジャーナリズムとしては当たり前のことで、代替案を

出せとか、文句だけ言って責任を持たないとか、そんな戯言は

通用しない。

丸川珠代も「メディアは批判していれば商売が成り立つ」などと

言っているが、国民の税金で食っていて、各種の特権を持つ身分で、

たわけたことをぬかすな!

丸川ごときが何の業績があると言うのだ?

偉そうに権力者のくせにメディア批判をするとは、百田尚樹を

呼んだ勉強会と同じ劣化した心性ではないか。

これらの安倍信者の準男性どもがどんな醜悪な顔になっているか、

似顔絵を描いてやろうか?

 

右派論客も権力擁護のために「放送法順守を求める視聴者の会」

などと一般国民を装った言論弾圧の会を作って、読売新聞に

全面広告を出している。

「ストップ!テレビの全体主義」って気持ちが悪いぞ!

お前たちがメディアを大本営発表の全体主義にしたがってるだけ

じゃないか!狂ってるんだよ、てめえたちは左翼か!

保守が見え見えのくだらない権力迎合広告など出すんじゃない!

そんな金をどうして出せるのだ?

怪しすぎるだろう。

 

メディアは権力を堂々と批判しろ!それが国のためだ!

権力は横綱相撲で批判を受けて立って、論破しろ!

それが国のためだ!

小さくてセコイことばっかりやるんじゃないよ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ