ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.22 02:02芸能など

桂文枝の浮気がなぜ責められる?


しかし桂文枝の過去の浮気まで、なんで糾弾されなきゃ

ならないの?

宮崎「育休不倫」議員の事件以来、普通の浮気や不倫までが

責められる異常に窮屈な世の中になってきた。

キリスト教的な価値観が蔓延してきて、どんどん堅苦しい

社会に向かっている気がする。

 

「芸のためなら女房も泣かす」という歌があったが、

最近では「芸の肥やし」なんて言おうものなら、

フェミニズム系から蛇蝎の如く嫌われる。

古いとか、封建的とか、男尊女卑とか、言われることは

分かっているが、バブル期までは「芸のため」でなくても、

「恋をしたい」ためだけに、「金曜日の妻たちへ」的な軽い

不倫が花盛りだったではないか。

 

芸人やクリエイターは、既存の道徳観に縛られていては、

型破りな人間になれないのは本当だと思う。

 

倫理観や道徳観も、経済に大きく影響される。

浮気や不倫への許容度がどんどん狭くなるのは、結局は不景気

のせいなのだ。

アベノミクスの効果なんか何もない。

 

まるで自民党の憲法草案のように、「家族を大切にすること」

のような、アホくさい道徳観が勝利する時代になってくるの

かもしれない。

クソくらえである。

絶対に抵抗してやる。

一体、誰が保守的で、誰がリベラルなのか、分からん世の中に

なったものだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ