ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.26 03:51メディア

憲法9条は幣原発案で確定はしてない


昨日の「報道ステーション」で、憲法9条の発案者は

幣原喜重郎だと報じていた。

マッカーサーの回顧録にも、幣原の回顧録にも「幣原発案」

とあるので、それで決まりだと思っているのかもしれないが、

歴史事実の「史料批判」というものは、実はそんなに単純

ではない。

 

憲法9条の発案者は、マッカーサー説、幣原喜重郎説から、

昭和天皇説まである。

 

当時アメリカでは「天皇の戦争責任追及すべし」という意見も

多かったので、マッカーサーは「天皇を守らなければ占領統治

が瓦解する、100万の軍隊を追加してもらわなければならない」

という電報を本国に送った。

 

そこで取り引きされたのが、第一章・天皇条項と、第9条の

戦争放棄条項をセットにして、日本の再軍備を封じ込むという

案で、「発案者は日本人、幣原喜重郎だ」ということにして

くれと、マッカーサーが幣原に飲み込ませたのだろう。

 

占領統治というものは間接統治でなければ、うまくいかない。

日本人自身が「憲法9条を発案したんだ」と思い込むという

こと自体が占領政策の要諦なのだ。

 

「報道ステーション」は諸説ある場合は、その中の一つのみ

を真実であるかのように報じてはダメだ。

あまりに護憲派に偏向している。

憲法改正派も国民の半分近くいるのに、番組の公平中立性を

あまりにも無視して、露骨に護憲派に偏った報道を強行し、

歴史の真実を歪めてしまっては、あとで朝日新聞のように、

「慰安婦の強制連行はなかった」と大々的に訂正せねば

ならぬような羽目に陥る。

 

それにしてもこの番組のコメンテーターをしている憲法学者

の木村草太も明白な護憲派で、発言が学者的ではなく、

政治的になっているから、警戒しておかなければならない。

右派にしても、左派にしても、学者は政治に左右されている

者が多い。

真実よりも政治を追求する学者は、わしは右派左派ともに、

大いに疑って見ることにしている。

 

(この件について知りたければ、高森明勅ウィンドウズ

156回参照)

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ