ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.29 13:15メディア

高市総務相「電波停止」抗議記者会見に賛成する


高市総務相の「電波停止脅迫発言」に対する抗議の記者会見を見た。

わしは放送法の手前で、そもそも高市早苗は憲法の「言論・表現の

自由」の意味が分かってないと思う。

 

「表現の自由」を守らねばならないのは、権力の側であって、

「電波停止命令」で、民間の表現を規制するかもしれないぞと脅す

のは、我々権力者は「憲法違反をするかもしれんぞ」と言っている

に等しい。

狂っているのだ。

安倍首相も、高市総務相も、未だに立憲主義の意味を分かってない

のだから、驚くべき反知性主義である。

 

自称保守派の論客の中には、「偏向報道が許されると言うのか」

と言ってる馬鹿もいる。

「偏向」か否かは、相対的になって、右から見れば左が「偏向」

しているように見え、左から見れば右が「偏向」しているように

見えるものだ。

 

現にわしも、記者会見の鳥越俊太郎の発言は、「反安倍」に偏向

しているように見えたし、「右傾化している」という意見も、

左派から見た「偏向」に感じた。

こういう席ではポジショントークにならないように気を付けた

方がいいのにと、わしは思った。

 

誰が「偏向」しているか、どこが「偏向」しているかは、批判の

の応酬で、論争の末に、明らかにしていく他ない。

 

当然、偏向か否か、公平か否かは、権力が判断することではない。

この記者会見の趣旨に、わしは賛成する。

「電波停止」をちらつかせるのは、自民党がやっても、民主党が

やっても、ダメなものはダメ!

憲法違反になるからダメなのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ