ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.29 23:37政治

安倍も高市も「権力者」の自覚がないから危ない


「電波停止」「報道委縮」問題に、安倍首相があまりに幼稚な

反論をしているので呆れる。

安倍首相は週刊誌に「過去に隠し子がいる」と断定されたそうである。

「報道ステーション」で、首相が米国で講演した際、聴衆が首相を

「思慮深い」と言ったのに、「短期で怒りっぽい」と誤訳された

ので、抗議したそうである。

 

公人の最高峰にいて、最大の権力を持つ、一国の首相にしては、

異様なまでに器が小さい。

小さな小さなことを、目を皿のようにして見ていて、いちいち

怒ったり、抗議したりしているようである。

 

民間人であるわしの場合は、事実無根の嘘には、自分のブログや

作品で反論するか、よほど酷い場合は、抗議して修正を求めるか、

名誉棄損なら裁判に訴えるという手段しかない。

 

テレビ局の局長と食事して、自分への情を沸かせて、批判を

手控えさせる工作など、民間人には出来ないのである。

テレビ局に「電波停止命令」は絶対出せないのである。

民間人はテレビ局を恫喝するだけの権力は持たないのだ。

 

民間人は安倍首相がやっている「アメ」と「ムチ」で批判を

封じるような工作は出来ない!

 

安倍首相にしろ、高市総務相にしろ、自分たちが「権力者」で

あるという自覚があるのだろうか?

無意識に権力を乱用されてはたまったものではない。

 

権力者と民間人は違う!

「言論の自由」を守る義務があるのは、権力者である!

安倍も高市も、全然分かってない!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ