ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.4 00:24政治

保育園落ちた日本死ねに対するヤジは亡国の徒


あきれ果てた。「保育園落ちた日本死ね」のブログの件を

民主党議員が国会で質問したところ、安倍首相が「匿名で

ある以上、実際本当に起こっているか、確認しようがない」

と答えたのだ。

その上、議員席から「中身のある議論をしろ」「誰が書いた

んだよ」「本人を出せ」「出典は?出典は?」などとヤジが

飛んだのだから恐るべき感情の劣化だ!

 

匿名だが、実際の主婦であることは間違いないし、たとえ左翼

が書いたという「陰謀論」を取ったとしても、内容の真実味に

多くの母親から共感が寄せられていることは間違いない。

 

ブログと同じ境遇に陥って、政治に対する絶望感を覚えている

主婦は多数いて、その絶望感の叫びとして「日本死ね」という

過激な表現になっただけなので、ナショナリズムの強いわしと

しても、共感せざるを得ない。

いや、愛国心が強ければ、強いほど、少子化問題が亡国に繋がる

ことを大いに危惧するから、「日本死ね」という母親の気持ちを

痛切に受け止めるのが当然だろう。

 

実質賃金が下がっていて、将来設計が立たないから、子供を

生んでも子育てを楽しむ余裕もなく、働きに出なければならない。

本当は二人目も欲しいと思っていても、子育てにかかるカネが

大変だから、断念するという母親も多い。

まったくもったいないことで、愛国者なら、子供を産み育てて

くれる母親を表彰して、高校卒業までの養育費はタダにして

やってもいいくらいだろう。

 

匿名がそんなに嫌いなら、ヤジを飛ばした議員は名乗り出ろ!

ネットの使い手はヤジを飛ばした議員を特定できないのか?

吊るしあげるべきだ!議員辞職させろ!

花も実もある政治って、できないものだろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ