ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.5 04:47ゴー宣道場

次回「ゴー宣道場」は「追悼 堀辺正史 武士道と現代日本」


410日(日曜)開催の「ゴー宣道場」は、

『追悼 堀辺正史 武士道と現代日本』

と題して公論を行います。

 

「ゴー宣道場」は堀辺正史氏と共に立ち上げ、初期は骨法道場で

開催されていました。

堀辺師範は生きた武士、最後の武士として、「ゴー宣道場」で

数々の名言を残し、その振る舞いからも、学ぶべきことは多く

あったと思います。

 

ひところ、自称保守派の中でも、「武士道」や「惻隠の情」等の

言葉が誇らしげに使用されていた時期もありました。

しかしながら現在の日本を直視すれば、どこに「武士道」が

現れているのか、どこに「惻隠の情」がうかがえるのか?

皆目見当もつきません。

 

惜しくも逝去された堀辺師範の「言葉」や「振る舞い」を回顧

しながら、何が失われてしまい、何を復活させるべきなのか?

考えてみたいと思います。

 

堀辺師範を知っている人も、最近「ゴー宣道場」に興味を持った

から知らないという人も、最後の武士が何を語っていたかを

知って、記憶に留めてください。

しょせん人は大事なことをどんどん忘れていくのでしょう。

日本人が本来は忘れてはいけない魂を心に刻む公論にしたいと

思います。

 

応募締め切りは330日(水曜)です。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ