ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.7 03:17日々の出来事

世に良政府などない


『大東亜論』を描いていて驚くのは、明治初期の藩閥政権と、

今の政権が似通っていること、そして自由民権運動の論客たちが、

わしが行う安倍政権批判の論拠と通底した主張をしていること

である。

 

例えば植木枝盛は「世に良政府などない」と断定し、権力を

徹底的に疑え、監視せよ、それが自由民権だと唱える。

 

植木枝盛はルソーの天賦人権説に影響されているが、保守派

から見ればそこに問題点があるにせよ、民主主義・あるいは

民主制を採用する限りは、植木の「世に良政府などない」と

いう国民の側の構えの原則は理解しておかねばならない。

「お上のおっしゃるままに」という感覚では、民主制を採用

する国民としては愚かすぎる。

 

高市総務相、もちろん安倍政権の「メディア・コントロール」

を容認する勢力(自称保守論壇、読売・産経新聞、NHK)は、

明治初期の自由民権の原則にすら到達していない前近代的な

「お上任せ」の封建的な人種レベルだと言える。

 

わしの安倍政権批判は、決して左翼陣営の論拠と同一のもの

ではない。

むしろ明治の近代化を受容する中で、取捨選択しながら日本に

民主制を啓蒙していこうとした士族たちの思想に似ている。

 

『大東亜論』を描く意義はまさにそこにあるのであって、

時代が進行しても、民主制の原則である「言論の自由」や

「権力監視」の構えすら、おそらく日本人には将来的にも

身につかぬのではないかという危惧があるから、描いている

のだ。

 

もちろん思想が露骨に悟られては物語ではなくなるので、

あくまでもエンターティンメントに消化させねばならない。

そこが難しいが、挑戦しがいのある仕事である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ