ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.9 04:05政治

自称保守論壇の崩壊が心地良い春


イラク戦争の賛否と皇位継承問題で、保守論壇とネトウヨから

バッシングされ、さっさと撤退して縁を切ってしまったことが

本当に良かった。

自称保守の劣化・反知性主義は無残すぎて、わしの常識では耐え

られなかった。

 

あんな連中を「保守」と言うのは完全に間違いである。

自称保守」と呼ぶべきであって、その劣化のひどさは真反対の

ように見える「ネット左翼」とほとんど同質である。

今や小林よしのりは「ネトウヨ」からも「ネトサヨ」からも

バッシングされるようになって、得も言われぬ心地良さに

浸っている。

 

「保育園落ちた日本死ね」というブログに対する安倍政権の冷淡さ、

あまりに劣化した自民党議員のヤジの数々、現状を知らぬ極限の

馬鹿議員が自民党内に蠢いている。

もっと馬鹿を晒せ!自分の首を絞めろ!

今後ますます自民党内でも「言論の自由」は委縮させられよう。

そのストレスはマスコミに対する「委縮強要」となって、

憲法の本質を知らぬ危険な政党、民主制の根本を知らぬ非常識な

政党というイメージは拡大するだろう。

 

奇しくも自称保守のカリスマだった田母神俊雄が東京地検の

強制捜査を受け、自称保守論壇&ネトウヨも同時に崩壊を

加速している。

 

軌を一にしてアメリカでは、トランプのような劣化した反知性主義が、

日本の一周遅れで人気を博し、これを読売・産経新聞までが顰蹙もの

だと叩いているのがアホらしくて笑える。

 

もはや自称保守は沈みかけた泥船である。

自称保守も自称リベラルも左翼も、すべてが崩壊する過程に入った。

実に気持ちの良い、清々しい春がやってきそうである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ