ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.10 04:02メディア

朝ナマ、原発テーマは虚しいが出る


昨夜は3時まで頑張って起きていたら、今朝は10時に起きてしまった。

成功だ。今夜も3時過ぎまで起きて、明日10時まで寝たら、「朝ナマ」

の時間帯に起きていられる。

 

テーマが原発だから、本当は議論しても無駄とも思う。

権力は何が何でも原発推進と決めているし、あの手この手で再稼働して、

そのうち新設するに決まっている。

海外に原発を輸出しまくっているのだから、国内で減らすはずもない。

守銭奴国家は公共性が崩壊してしまっているのだから、無理なのだ。

 

5年目の311が迫ってきて、テレビ各局が東北の被災地の現状を

ルポしているが、「朝ナマ」に出るから注意して見ている。

「朝ナマ」に出なかったら、悲惨すぎて、苦しくて見ていられない。

ストレスばっかり溜まるのが被災地の現状だ。

しかし目を背けるのも良心が痛むし、半ば義務と諦めて見ている始末。

 

こんな嫌な思いをしても原発テーマの「朝ナマ」に出演OKしたのは、

第一に田原総一朗との付き合い。

80歳になっても衰えない社会問題への追及心は、わしにとっても希望

と言えば希望で、頭が下がる。

先日、対談したときに、番組作りにはスポンサーまで自分で探すと

聞いて、もう口開けてあんぐりするしかないほど驚いた。

執念が違っている。その覚悟に頭を垂れて、呼ばれたら行くしかないか

と思ってしまった。

 

田原氏はわしと考えが違っている部分が大いにあるし、老獪で誤魔化す

のが上手いし、最近はすぐ怒るから腹立つのだが、仕方がない。

「朝ナマ」の最中に死ぬのなら、死に水をとってやるしかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ