ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.10 11:34日々の出来事

パンケーキと中国人


今日、2時過ぎのランチでパンケーキの店に入った。

秘書みなぼんはパンケーキが好きで、わしはあんなもの食事なのかな、

お菓子じゃないのかなという気持ちもあるけど、女はああいうパンと

ケーキの中間みたいな炭水化物が好きだ。

わしは今日中に書かねばならぬ文章の相談に乗ってもらうことに

なっていて、みなぼんが機嫌よくヒントを出してくれればいいと、

その甘いランチに付き合うことにした。

こじゃれた店に入って午後のひとときを過ごすのが女性にとっては

快適なんだろう。

 

だが階段を上がると、そこに6人くらいの薄汚い人間が待っている。

なんと、中国人だ!

身なりが恐ろしくダサくて、髪が埃っぽくて、背中にエベレストを

登頂するかのようなでっかいリュックを背負っている。

険しい山岳地帯を越えて、この街に来たのだろうか?

だがピッケルを持っていない。

やはり単なる観光客か?

だったらあの人間の死体が入りそうな巨大なリュックは何なのだ?

 

これからあの6人分のパンケーキを焼くんだから、時間がかかるよと

言うと、みなぼんは中国人は1人1品頼むとは限らない、6人で2

くらい注文して、6等分することが多いという。

そうやって少しづつ、あちこちの店で食べるそうだ。

 

なんにしたってオシャレじゃないから別の店に行こうよと説得し、

パンケーキの店を後にした。

油断も隙も無い。

ダサい奴はダサい観光地に行けばいいのに、なんでオシャレな街に

来てしまうの?

ぽっくん、いやだもうーーーーーー。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ