ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.12 00:54芸能など

天才バカボンのはじめちゃんが可愛すぎる


「朝ナマ」終わって急いで帰って、おにぎり食って、風呂入って、

6時に寝ようとしたのに熟睡できずに9時に起きた。

元に戻すのがやっぱり難しい。

身体に悪くない睡眠薬ってないのだろうか?

 

昨日、「天才バカボン」の実写版を見たが、バカボンのパパは

くりぃむ上田が説得力あった。

オカリナはあれ、演技してるのか?普通にオカリナじゃん。

驚いたのは、はじめちゃんの子役、赤ちゃんが演技してる!

まだ言葉も完全には発声しきれていない赤ちゃんが、完璧に演技を

している!

早坂ひららちゃん4歳らしい。

あまりにも可愛すぎて、身もだえした。

松下奈緒は色っぽくて良かったが、あんな女性がバカボンのパパと

結婚するはずがない。

実写にしてみるとありえない設定が際立つが、漫画の設定だからと

割り切って見る楽しさってあるんだなと思った。

 

今日から『大東亜論』のペン入れをする。

よしりん企画は3月いっぱいのSpecial本の締め切りに向かって、

怒涛のようなペン入れの日々が続く。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ