ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.17 02:33メディア

産経抄と藤原正彦はイスラム国の野蛮人と同じ


産経新聞の「産経抄」が男系固執の文章をまた書いている。

国連女子差別撤廃委員会が皇統に口を挟もうとした件での反発だ。

「産経抄」が持ち出すのは、道鏡が皇位につこうとした野望を

和気清麻呂が打ち砕いたという話だ。

 

おい、おい、おい、おい、お―――――――い!

道鏡の話は「男系・女系」の話に全然関係ないだろっ!

それは単なる国民が天皇になろうとしたという、

「君臣の別」の話だろ!

頭がおかしいんじゃないか?

ようするに産経新聞って、皇統について完全無知ということを

さらけ出してるだけじゃないか!

こんな調子なんですよ、男系固執の馬鹿どもって。

 

週刊新潮に藤原正彦がやっぱり国連女子差別撤廃委員会に対する

反発を書いていて、これがもうデタラメ!脳が腐れとる!

男系固執は、「たとえ国民の大多数が支持しなくとも、

たとえ女性への差別であろうとも、堅持すべきものだからだ」

主張している。

イカレている!まるでイスラム国だ!

 

天皇は国民と共にあるもので、国民の大多数が天皇制廃止と

言えば廃止せざるを得なくなるじゃないか。

女性差別は日本の伝統ではない。

カトリック神父は男性のみで、ローマ法王に女性がいないのなら、

そっちの方が男尊女卑であり、

皇統には女帝が何人もいるじゃないか!

 

女性差別が伝統だと居直る藤原正彦には「国民の品格」がない。

天照大御神から始まる女性優位の日本の伝統を

汚すんじゃないぞ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ