ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.19 04:15政治

米高官、核燃サイクルは合理性ない


日本の核燃サイクルに対して、米国務省のカントリーマン次官補

が米上院外交委員会で、「合理性はない」と証言した。

日本が六ケ所村で稼働を目指す再処理工場について、核不拡散の

観点から懸念を示し、「いかなる国においても再処理に経済的な

合理性はなく、核セキュリティーと不拡散上の心配を強めるものだ。

米国は支援しないし、奨励もしない」と明言。

「すべての国が再処理事業から撤退すれば非常に喜ばしい」とも

言った。

 

韓国も中国も日本をマネて、核燃サイクル事業を始めると、

プルトニウム温存の言い訳に使われるし、アジアで核兵器開発の

ドミノ倒しが起こると懸念しているのだろう。

実際、日本の自称保守派が核燃サイクルを諦めないのは、

核兵器を持ちたいという野望に基づいているからだ。

わしも核兵器を持たなければ、米国の傘の下に入るしかなく、

真の自主独立にはならないと考える。

 

だが、核燃サイクルは現実的にもう不可能であって、米高官が言う

ように、「経済的な合理性はない」のだ。

未練がましく無駄なカネを見果てぬ夢に注ぎ込む余裕などない。

 

核兵器が欲しいのなら、別の方法を模索しなさい。

まず核不拡散条約から脱退して、米国の監視から逃れるしかない。

そして原子力潜水艦を開発するべきだろう。

核兵器を持つという合意が国民の間で取れるならば、原発はもっと

外国からのミサイル攻撃目標にされない場所に作るしかない。

日本海側に集中させているのは、国防上、リスクが高すぎる。

(リスクと言うな、ハザードと言え、という揚げ足取りは無視)

 

喫緊に考えるべきは、核燃サイクルが破たんしている以上、

核のゴミをこれ以上、増やすべきではないし、まず日本版オンカロ

を作ることから始めるしかない。

トイレのないマンションは作れない。

これは子孫に対するマナーである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ