ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.3.22 09:40お知らせ

慰安婦問題の真の敵とは? ライジング171配信!

桜前線スタート!
そしてこちらは今週も充実記事が百花繚乱!
小林よしのりライジングVol.171
配信開始です!!

今週号のタイトルは
「アメリカ教からの脱却のために」

よしりん先生はライジング167で、
慰安婦問題に関して
「キリスト教文化圏では決して
売春を職業とは認めない。
だから「奴隷」に結びつけて
しまうのである」と書き、
『新戦争論1』でも同様の論を
展開しているのですが、
それに対して読者から
「ヨーロッパの多くの国では売春は合法ですよね?」
という疑問の声が寄せられました。

調べてみると、確かに
「キリスト教文化圏」で
一括りにしたのは
間違いだったようです。

間違いがわかれば、
直ちに訂正してさらに
考えを深めるところが
よしりん先生の、他の言論人とは
決定的に違っているところ。

おかげで、慰安婦を「性奴隷」とする
発想がどこから来ているのか、
より正確な理解ができ、
慰安婦問題解決のための
より具体的・効果的な方法が
見つかりました!

今週はさっそくその
最新見解を大発表!!

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
 …先週号の「Q&Aコーナー」に「慰安婦問題について、
 キリスト教文化圏では売春は職業とは認められず
 『性奴隷』と見なされてしまうと書かれていたが、
 ヨーロッパの多くの国では売春は合法。
 彼女たちは『性奴隷』と見なされているのか?
 合法なのだから職業と見なされているのではないのか?」
 という質問をもらった。調べてみると、確かに
 「キリスト教文化圏」で一括りにしたことは間違いだったようだ。
 さらに、欧米における「売春」事情を調べていくと
 意外な事実がわかった。慰安婦問題において、
 日本政府が真に戦うべき相手とは誰なのか!?
※「ザ・神様!」
 …火の神を産み落とした妻・イザナミは、その炎に
 女陰を焼かれてお亡くなりに。
 愛する妻を失った夫・イザナギは、その苦悩を
 受け入れることができず、我を忘れて
 まだ幼い我が子を斬殺!
 そして、その感情はますます暴走するが!?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
 先生が言う「確固とした共同体」とは?
 カラオケでは原曲の歌手の歌い方に寄せてゆくべき?
 欅坂46についてどう思う?
 制作中のSpecial本ってどんなテーマ?
 『あさが来た』で描かれる奉公人たちの仕事をどう見てる?
 大家族が減った理由は、男尊女卑も少なからず作用したのでは?
 …等々、よしりんの回答や如何に!?
【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第165回
 「アメリカ教からの脱却のために」
2. しゃべらせてクリ!・第131回
 「ハッキヨイ!小相撲、時間いっぱいぶぁい!の巻〈前編〉」
3. もくれんの「ザ・神様!」・第77回
 「その窓の向こうは黄泉の国?となりのおじさん孤独死事件1」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ