ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.4.5 01:57日々の出来事

誰に期待するか?


Special本が終わって気が抜けた。

秘書岸端はそんなこと言ってられない忙しさだろう。

ゲラチェックがあるし、「ゴー宣道場」の参加者の当選メールを

送って、ライジング配信の仕事をやっている。

今日の配信は遅くなると思う。

 

そういえば中2で『天皇論』を読んで影響を受け、その後も

わしの本を渉猟して、ブログを読んでいたという、

今は21歳の東大生が応募してきた。

なかなか立派だ。そういう若者なら未来の日本を背負えるだろう。

 

そもそも中2で『天皇論』を読めること自体が頭脳優秀で、

将来が約束されているも同然だ。

安保法制で未だにデモばっかりやってる連中は、わしの本を読め

ないのだから、ど外れて頭が悪い。

 

5月末に発売するSpecial本も、読んだ者と読まない者の間に

歴然と知的水準の格差が出る本だから、知的好奇心の強い者は

ぜひ読んでほしい。

読んでも分からないレベルの人間は、知的劣化層に分類して

放っておくしかない。

 

だが『天皇論』を中2で読んだ少年が、もう21歳なのか!

これもこれで衝撃だな。

つい先ごろ出した本のような気がする。

わしも相当に年取ってるということだ。

『おぼちゃまくん』復活を契機に、もう一度子供から育て直し

するという作戦もアリかもしれないな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ