ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.4.6 01:12日々の出来事

『おぼちゃまくん』を読み直して恐怖した


今日は忙しくて、コロコロアニキの『おぼっちゃまくん』の

打ち合わせと、ベストセラーズの新書の打ち合わせがある。

 

そのあと、堀辺正史氏との対談本『武士ズム』にサインを

しなければならない。

限定30冊で、「ゴー宣道場」当日、販売する。

 

帰宅したら『大東亜論』のペン入れ開始だ。

 

茶魔の耳かきはお父ちゃまのシーンならあると時浦くんが

教えてくれたが、単行本のどこにあるかは知らないと思い

こんでいた。

ライジングのコメント欄で知らせてくれた人もいたので

見たが、なんとなくイメージが違う。

お助け軍団が特別な方法でやってたような気がしたが、

わしの勘ちがいらしい。

 

自分で描いたことを、どんどん忘れていくので、同じ

ギャグを使ったりしないか心配になる。

昨日は少し文庫本を読んでみたが、すっごく明るくて、

発想が自由奔放で、屈託なく笑えるし、恐ろしくなった。

こんな天才に、今のわしは勝てるのだろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ