ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.4.20 14:29日々の出来事

『大東亜論』の絵の妥協は許さない!


今日は『大東亜論』の締め切りなのだが、0時までに

終わるかどうか怪しくなってきた。

大ゴマで絵の間違いが明らかになったからだ。

 

この絵はおかしいとわしが指摘しても、チーフが自分の

思い込みを疑わず、断言するから、やむなく歴史的な

一次資料を探さなければならなくなる。

もう時間がないのに。

 

編集者にも手伝ってもらって、資料を発見したが、

やはりわしの言った通りだった。

あれほど断言したチーフの見解は間違いだった。

 

時間がないという焦りも、絵の描きなおしをしたくない

という無意識に結び付いてしまう。

だが、見つかってしまったからには仕方がない。

時間オーバーでも描きなおすしかない。

 

こういうことがあるから、わしは締め切り日の早いうちに

原稿のコピーが欲しいのだ。

ミスは早く見つけて、早く指摘して、早く描きなおさせたい。

 

妥協は許されない。

『大東亜論』は今後もますます絵の重要性が増す。

締め切り日に絵の完成が遅れれば、遠くから通っている

チーフは帰りの電車が間に合わないのかもしれない。

だがプロはそんなこと言ってられない。

完璧な原稿を上げねばプロ失格だ。

 

こうして描いていても、雑誌に載ったときにミスが見つ

かったりもするのだ。

そのときは単行本で描きなおすことになる。

 

まだ2ページ分の原稿も上がっていない。

わしがOKを出して、編集者に電話して、来てもらう。

そこで編集者が最終確認をして、持って帰ったら仕事が

終わるのだ。

編集者がミスを見つけたら、また描きなおさねばならない。

今日は深夜になりそうだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ