ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.4.22 02:31メディア

報道の自由度、韓国が日本より上というのはない


報道の自由度ランキングで、日本が72位ということは、

報道で知っていたが、今朝の朝のワイドショーで、

初めて韓国が70位ということを知った。

 

それはない!

「反日」しか許されない韓国、「親日」的な言動や歴史観を

表明すると、罪人扱いされる韓国が、日本より報道の自由度が

高いという分析は、まったく間違っている。

そんなランキングでは、信ぴょう性が疑われる。

したがって、このランキングを100%信じるわけにはいかない。

やはり「攘夷」の視点は必要なのだ。

外国人の分析は、まんま信じることはできない。

 

だが、それでも、わしは日本の報道の自由度は下がっていると

思っている。

国防において、国家機密があるということは容認せざるを得ない

かもしれないが、それをジャーナリズムが暴くということは

あってもいい。

「特定秘密保護法」はそのへんの許容度が怪しいし、国民を

「何が秘密かわからない」という状態に置く危険性を、わしは

大いに危惧する。

「つんぼ桟敷」のままでは、国民は権力にどこに導かれるのか、

わからない。

わしは全権委任するほどには、権力を信じていないのである。

 

この「つんぼ桟敷」という言葉も「差別語」とされ、報道では

許されないのだから、自由度が下がっているのは当たり前だ。

言葉狩りという検閲がどんどん進んでいくのは、まさにマスコミ

による言論の委縮である。

ことほどさように、マスコミ組織人は同調圧力に弱い。

そんな弱いマスコミ組織人が、権力からの恫喝に抵抗できる

わけがないというのが、わしの認識だ。

 

マスコミ組織人は、リベラル大衆が下から突き上げる抗議や

バッシングにも弱いし、権力が上から圧を加える恫喝にも弱い。

 

「報道ステージョン」が局アナという組織人をキャスター

にして、後藤謙次という安倍晋三と会食する御用評論家

をコメンテーターに使いだした時点で、わしは「屈したな」

と見ている。

 

日本の報道の自由度は低下している。

いつかこのことが日本にとって大きな災いにならないことを

祈るばかりだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ