ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.4.26 15:38

小堀桂一郎氏の安倍政権批判

『産経新聞』4月25日付「正論」欄に保守論壇の重鎮、
小堀桂一郎氏の「『主権回復の日』に向けて」と題する一文が
掲載されている。

これも、端的な安倍政権への“絶縁”宣言と言って、敢えて過言では
あるまい。

その一部を引用しておく。

我が国は昨年8月の安倍晋三総理の停戦70年記念談話に於いて
の忌まわしい20年前の村山談話を否定する最後の機会を生かす
無く、肝腎の点であれを踏襲してしまつた。
つまり又しても東京裁判史観への屈服を公言したことになる」

年末の12月28日に日韓両国外相の合意の結果だといふ
共同発表
の中で日本国総理大臣の意向なるものが伝えられると…
これでは、
確信犯としての村山談話よりも更に悪質な平成5年8月の
河野談話
さへも、結果として肯定し、趣旨を生かしてしまつたことに
なるのではないか、
との大いなる失望が広がり始めた。

単に日韓関係に就いてのみではない、この合意は結局のところ、
所謂(いわゆる)歴史戦に於ける日本の敗北宣言に等しい重大な意味を
持つ。

つまり日本は再度東京裁判史観を肯定し、
そこから生ずる反日敵性
諸国からの過去の戦争に関はる罪責への非
難を、日本国民の次の世代
が永く受
け続けるであらうことを容認したことになる」

期待を担つて登場した現政権とても、所詮は敗戦=占領利権亡者の
最強の根城である外務省が操る木偶(でく)
と化してしまつてゐる」

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ