ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.4.28 02:59メディア

産経新聞、阿比留瑠比の戯言を嗤う


産経新聞4月24日の社説「日本の報道を見損なうな」と、

今朝の阿比留瑠比の「反権力がマスコミの本分か」は、

次回「ゴー宣道場」の参考文献にする。

我々は反対意見こそをしっかり吟味して議論に臨む。

 

阿比留瑠比はジャーナリズムの本分は「権力の監視」では

ないと言っている。

宮家邦彦も「権力の監視」ではないと主張する。

阿比留は「権力であれ非権力であれ、いいものはいい、

ダメなものはダメの是々非々でいいだろうに」と考えるらしい。

わしはそんな曖昧な感覚のジャーナリストは信用しない。

 

そもそも産経新聞は、安倍政権だから権力擁護に努めるわけで、

民進党政権なら徹底的な反権力と化すはずなのだ。

 

わしの場合は、自民党だろうと、民進党だろうと、良い政策は

支持するが、悪い政策は徹底批判する。

そういう意味では、わしは「反権力」のスタンスは崩さない。

権力は恐ろしいものだという認識を持っているからだ。

 

産経新聞・読売新聞が「保守」だとも、わしは思わない。

「従米保守」であることは確かで、イラク戦争を熱烈に支持

した態度を見れば、「真実」からははるかに遠く、

イラク戦争の失敗を反省しない態度からは、「事実」を直視

する勇気もない、単なる自民党の広報誌であるとしか、

わしには見えない。

およそジャーナリズムを語る資格もないのだ。

 

以上の批判はまずジャブである。

次回「ゴー宣道場」では、もっと恐ろしいまでの批判を展開

したいと思う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ