ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.4.28 08:57日々の出来事

送られてくる雑誌、多すぎ問題


自称保守派の皇室に対する無知はど外れていて、その無知に

気づく自称保守系の知識人もまたいないのだ。

読者が気づくかと言えば、それも一人もいなくて、みんなで

デマを信じてバッシングに加担していく、そういうデタラメな

事態に陥っている。

高森氏のブログを熟読して、正しい皇室の知識を身につけよう。

 

今日、わしが何度もブログを上げるのは、雑誌の処分をしている

からだ。

次から次に雑誌や冊子が送られてきて、紙袋にぎっしり山盛りに

なってしまう。

机の上にも雑誌だらけで置き場がない。

 

そこで今日はまとめて雑誌を包む封を破り、猛速度でページを

繰りながら、捨てていく。

紙袋をハサミで切って、手で破いていくときに、指が荒れるし、

時々切ったりする。本当に腹が立つ。

なんでこんなにいっぱい雑誌が送られてくるんだろう?

欲しい雑誌は自分で買うのに、どんどん送られてきて、

溜まっていく。

 

読まずに捨てていけばいいと思うかもしれないが、壇蜜のヌード

が袋とじになってたりすると、一応ハサミで切って見てから

捨てようとしてしまう。

なんて心が弱いんだ。

アイドル雑誌もついパラパラとめくって、NMBの白間美瑠、

なんてスタイル良くて美人なんだ!と感心しながら眺めてしまう。

 

そんなことしてるから、午後から始めた雑誌捨てる作業が

夕方になってしまった。

まったく時間の無駄だ。頭にくる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ