ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.2 11:03政治

「立憲主義」の解釈は間違ってない


産経新聞の「正論」欄で、西修が「はびこる『立憲主義』

という妖怪」という文章を書いている。

第一に、西氏は「憲法とは国家権力を縛る」という定義が

あいまいだと言う。

 

そして立憲主義の本質は「国家権力の恣意的行使を制約する」

ことにあると言う。

一緒じゃないか!

「権力の暴走を阻止するのが、立憲主義の根本的な考え方

である」とも書いている。

同じじゃないか!

 

2に、「憲法を守らなければならないのは、国家権力で

あって、国民ではない」という説を否定する。

国民が憲法を守るのは「理の当然」だから、第99条に入れなか

ったのだと言う。

憲法の条文のすべてが権力向けでないのは「理の当然」であって、

「国民の3大義務」が憲法にも明記してあり、それは

「教育・勤労・納税」である。

これ以外の条文を、国民が守るべしとするのは異様な解釈である。

 

わしは、憲法上の国民の義務を、これ以上増やす必要はないと

考える。

なんでそんなに縛られたいのだ?マゾか?

 

「国家権力は悪」という左翼的な考えは、わしは持たないが、

それでも国家権力は、自衛隊と警察・公安という「暴力装置」

(マックス・ウェーバー)を持ち、税金の取り立てでも裁量が

任されているのだから、国民からは恐ろしい存在である。

 

権力は、国民にとって必要だが、恐ろしい存在なのだ。

 

したがって近代憲法を採用するのならば、「立憲主義」はあくま

でも、「権力の暴走を国民が阻止する」ことが前提でなければ、

受け入れられない!
国民の、権力に対する命令書であることが、前提である!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ