ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.3 02:06政治

なぜ改憲派は負けているのか?


今日は憲法記念日だそうで、護憲派、改憲派がそれぞれ集会を

開いて必死で主張するはずだ。

 

現状分析すれば、改憲派は負けている。

 

自衛隊を合憲としたり、イラク戦争の失敗を認めなかったり、

改憲草案で特定の価値観を押し付けたり、立憲主義を否定したり、

安保法案の成立を先にアメリカで約束して、日本では強引に成立

させたり、ありとあらゆるデタラメをやってきた結果、国民の

「信頼」を失ってしまったからだ。

 

国民の「信頼」を失った結果として、改憲派は減少し、

特に9条を変えない派は70%近くまで上昇してしまった。

 

こうなることが当然予想されたから、筋の悪い自民党の政策には

反対してきたが、それはわし自身が改憲派として信頼を得るため

に他ならない。

 

もし自民党がわし同様に、イラク戦争に反対し、憲法改正草案を

立憲主義に基づいたもので提示し、安保法制よりも改憲の必要性

を真っ向から訴えていたら、国民の「信頼」を勝ち得て、改憲派

の方が増えていただろう。

 

北朝鮮の核開発や、中国の海洋覇権という、具体的な脅威が

ひしひしと迫っているにも関わらず、護憲派の方が伸びる、

9条改正に反対派の方が増えるなんてことは、本来あり得ない。

 

ナショナリズムが当然高まっていいはずの状況なのに、改憲派

への警戒心の方がそれ以上に高まるのだから、自民党や

自称保守派の戦略がいかにヘタクソで、ことごとく失敗して

いるかという証明であろう。

 

護憲派も改憲派も、欺瞞的で臆病であることには変わりがない。

情けない奴らばかりだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ