ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.4 00:30新刊情報

「孤独を貫け」で偏見はとれるか?


『大東亜論』のコンテを上げた。

福岡・博多の登場人物が多いので、キャラの一人一人になり

切っていくと、博多弁がどんどん出てきてしまう。

忘れていた博多弁まで出てしまうのだが、スタッフは意味が

分かっているのだろうか?

欄外に博多弁の訳を書かなければならないので、みなぼん

忘れないで。

 

『大東亜論』は連載の締め切りは無視して、第3巻の終わり

までさっさと描き上げてしまい、単行本用の描き下ろしの

日数を確保したい。

企画ページの製作もあるので、一か月は捻出せねばならない。

 

本のソムリエの清水店長と対談した『孤独を貫け』という

本が、すでに清水氏の書店では先行販売が始まっているという。

仕事場に行ってないから、見本本をまだ見てないが、この本は

「小林よしのりは偏見を持たれ過ぎだから、誤解を解きたい」

いう清水氏の申し出を受けて対談したものだ。

 

実際、先日の地震でも生理用品を巡って、「女の敵」扱いを

され、罵詈雑言が押し寄せたが、それも慰安婦問題の後遺症で、

偏見を持たれていたからだろう。

 

まるでわしが女性には月に一回生理日があることすら知らない

男のように罵られたが、いくらなんでも妻と40年も暮らして

いて、生理のことすら知らないなんてあり得ないだろう。

 

さらに歴代の秘書にも、その方面では配慮してきたし、

現在も、秘書には個室を用意して、男性スタッフと一緒に仕事

するもよし、一人で仕事するもよしと、体調に合わせて選べる

ように最大限の配慮をしている。

 

数々の女性と付き合ってきたわしだ。

生理だけは自分の領分だと女は思っているかもしれないが、

わしは付き合った女性の数だけ、生理のパターンを熟知して、

そのときの女性の体調や気持ちにも配慮してきたし、生理に

関するトラブルにも対処してきた。

そこいらの女より、わしの方がよっぽど経験値が高い。

自分の生理しか知らない女ごときに、生理を知らない男の

ように言われたことが、最近一番腹が立ったね。

この復讐はいつかしようと企んでいる。

ダンディズムが分からない女も増えてしまったものだ。

 

清水店長との対談本『孤独を貫け』は、共同体から離脱した

「私人」が、それでも「絆」を欲してネットの集団性に依存

するこの時代に、あえて孤独の意味を語り合った書である。

清水店長の思惑どおり、これで偏見が少しは減るだろうか?

減らないような気がする。

わしはもう一生「女の敵」として生きていくことに決めた。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ