ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.7 04:57日々の出来事

「WiLL」襲撃事件は大したものだ


高森さんのブログで知ったが、「WiLL」編集部を右翼団体の

若者が襲撃したという。

 

第一に、誰も傷つけていない。

 

第二に、目的を達した後、自ら警察に電話して逮捕されたんだから、

覚悟してやったことだろう。潔い。

 

第三に、きちんと諫言状を携えて、目的を記している。

「WiLL編集長、西尾幹二、加地伸行に諫言する!」

書いてある。

 

右翼団体理事の松田晃平(24)という若者らしい。

今どき24歳の若さで、あの西尾・加地対談が、事実無根の暴言

だらけで、完全な「不敬」だと分かる者がいたのか!

そこに感心した。

 

一瞬、わしのブログが影響を与えたのかと心配になったが、

襲撃は54日、わしのブログは6日だから、違っていた。

だが、高森氏のブログは影響与えた可能性がある。

 

しかし、まったく自分であの「不敬記事」に憤ったのかも

しれない。

どっちにしても、わしはえらいなと思ってしまう。

できれば、まず言論による抗議をして欲しかった。

街宣車で抗議すれば、わしは迷いなく支持した。

 

けれども、右翼団体の中に、まだいたのか!

あの記事が極左よりデタラメで、右翼なら怒るのが当然と

考える若者がいた!

これはある意味、希望を持たせる事件である。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ