ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.5.11 03:18その他ニュース

エセ愛国者・出産説教校長についての反響続々!

昨日配信の小林よしのりライジング
および生放送で取り上げた、
「女性が最も大切なのは2人以上産むこと」
と説教したエセ愛国者校長について、
コメント欄で大反響となっていますので、
その中からご意見・ご感想を紹介します!




少子化の原因はお金。
無知な僕ですら納得することを
自称保守が理解できないことに
驚愕しますなあ。

愛国病になると
知識があろーが、地位が高かろうが
馬鹿になるのをこの校長が
見事に体現してますなあ。

ネトウヨや自称保守がつまらないのは
本のテンプレ、他者の意見のコピペをして、
ほーら俺っちは
頭が良いんだすと、
馬鹿知識を開陳しているところです。
実に不快。実にくだらんです。

んなことせずに単純に何故、
少子化になるんだろ?
その対策はどーすんだ?と
知恵を絞りあげたほうが
愛国的なんですがね。
(武藤さん)

知識があっても、地位が高くても、
人生経験がなければ
何にもならんのですね。
それにしても、学校は閉鎖空間で
教師は世間知らずだとは
よく言われることですが、
この前校長、定年まで勤め上げた後に
再任用されるほどのキャリアがありながら
ここまで無知という事実にひたすら呆れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の社会の状況を分かっていない人が
発言するのは問題ですね。
社会の状況が変われば
その発言は正しさは変わります。

最近「日本は世界一平等な国で
社会主義を実現した唯一の国だ」と
発言している人がいましたが
違和感しか感じませんでした。
30年前ならその通りだ―って
思えたんですけどね。

一昔前なら社会全体が自虐史観
であったため日本を礼賛する発言にも
真実がありました。

ですが社会の状況が変わったいま
同じ発言をしても愛国ポルノか
ネット右翼かと思います。
この校長の意見も同じです。
30年前の社会状況ならそこまで
非難は浴びていなかったかもしれません。

時代とともに発言の正しさが変わる
だなんて頭が凝り固まった人には
わからないんじゃないですかね?
自称保守派はそのような人の
集まりなのでしょうね。きっと。
(tomotyanさん)

「日本は世界一平等な国で
社会主義を実現した唯一の国だ」
・・・確かに昔、聞いたことがありますねえ。
これは武藤さんが指摘している
「本のテンプレ、他人の意見のコピペ」
の実例ですね。
一度覚えたことは一生変わらない
と思っているところが馬鹿というか
怠惰というか反知性主義というか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前校長にとって女性とは産む機械であり、
ベビーシッター&保育士なんでしょうか…。

彼の発言はどこをどう取っても
男尊女卑の塊であり、国連辺りに
持ち込まれたら確実に問題視
される代物だと思います。

だいたい子育ての為の環境すら
整備されていない、いつ貧困層に
なるか分からない世の中で
子供を産めなんてあまりに
無責任な発言ですよね。
先ずは子育てしやすい社会を
作る事か先決でしょうに。

トロロ酒さん)

本当に、あの校長の発言読んで、
直感的に「男尊女卑」を感じて
不快感を覚えなかった人は、
自分の感性を疑った方が
いいんじゃないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前に小林先生の批判を書いた者です。
今回のライジングを読んで
自分の言葉の不正確さのために
誤解を与えてしまったことを謝罪します。

私は国語力は基本的に
2種類あるとかんがえています。
1.物事の本質を理解して論理的に
 他者に説明する国語力。
2.間違った考えを持つ者に改めさせ、
 こちらの考えに引き込むための
 コミュニケーションとしての国語力です。

小林先生はブログ・ライジングで
1の国語力の高さを証明しています。
問題は2であり小林先生の考えが正しくても
協力する者がいなくては何もできません。
反対者を引き込むための国語力を
身に付ける事は我々の課題だと思います。

goburinさん)

自身の以前の発言について、
至らない点があったことを認めて
謝罪しているのは、実に潔くていいです!
これがなかなかできないもんなのです。
しかし、反対者の考えを言葉で改めさせる
ってことは、相当難しいですよ。
昨日の生放送でも言ってましたけど、
まず聞く耳を持たないんですから。

さらに紹介していきます!



トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ