ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2016.5.11 09:06お知らせ

『孤独を貫け』先行発売中!!


本のソムリエ ” こと清水克衛さんとの対談集
『孤独を貫け』(イーストプレス)が
15日(日)に発売されます絵文字:重要絵文字:重要絵文字:お知らせ

 『孤独を貫け』(イーストプレス)

「小林よしのりは偏見を持たれ過ぎだから、
誤解を解きたい」という清水さんのご提案を受け、
対談したものです絵文字:ひらめき

清水さんは江戸川区にある「読書のすすめ」
という書店の店主さんですが、
一般的なベストセラーをただ扱うのではなく、
ご本人が本当に面白いと思い、
自信を持ってお客さんに勧められるものを
店頭に並べている、とても“熱い”本屋さんです絵文字:重要絵文字:晴れ

そんな清水店長との対談では、
二人の「人生哲学」が存分に語られています絵文字:重要絵文字:笑顔

早速、読者から感想が届いていますので、
ご紹介します絵文字:音楽

*********************

「孤独を貫け」読書のすすめHPから注文し、
フラゲしました。
小林先生と清水克衛さんの読書体験から、
国家論・人生論・文明論まて話が広がっていて、
とても面白かったです。

僕は読書をする際に「本は何を読んだかではなく、
何を読み取ったかが大事」「文章より行間を読め」
という事を心掛けるようにしています。
それだけに、本書にあった「咀嚼する事が大事」
「行間に込めた含意を読みとれるか」という言葉は、
よくぞ言ってくれたと思い、読んでて
嬉しくなりました。

この本で読んだ事を今後読書をしたり、思考を
する上で生かしていきたいと、強く思いました。

あと小林先生の「本当に公の精神を持つなら、
今の時代をあきらめろ」という言葉は、
強烈に響きました。

最後に「新戦争論」で取り上げられた、
自己啓発本ブームに関係してそうな、時浦さんの
エピソードは笑えました。
こういう本が出るのを待っていた、と言いたく
なるくらい、素晴らしい本でした。(monmonさん)

*********************

誰もがSNSなどで手軽に他人と繋がりたがり、
自己承認欲求を満たそうとする昨今に、
「孤独を貫け」という本書絵文字:ノート

それはなにも「孤立せよ」と言っているわけでは
ありません。

「孤独」の意味とは何か?
「思想を深める」とはどういうことか?
「リスク」だらけの世の中を生きる上で
必要なこととは何か?

薄っぺらい「自己啓発本」などでは
何も得られないし、決して成長しません絵文字:重要

『孤独を貫け』、ぜひ読んでみてくださいね絵文字:笑顔絵文字:音楽

現在、予約受付中ですが、
なんと清水さんの「読書のすすめ」では、
ただいま先行発売中です絵文字:重要絵文字:重要絵文字:キラキラ

「15日まで待ちきれない!」という方は、
こちら↓でどうぞ絵文字:音楽



みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ