ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.23 10:35日々の出来事

スマホで知るニュースのはかなさ


しばしば今の若者の情報源は新聞でもテレビでもない、

ネットだと言われる。

その状態がリゾート地のわしだ。

新聞もテレビも見てなくて、日本のニュースの情報源が

ネットだけだ。

 

これが端的な事件の概要だけで、事件の掘り下げが浅く、

いろいろな意見や見解が伝わって来ないし、人々がどう

反応してるのかも分からなくて、さっぱり実感が湧いて

来ないのだ。

若者はこんなニュースの断面だけで社会を見ているのか!

リゾート地から日本を知るようなものだ。

 

そのせいなのか、泉美さんにも、高森さんにも、オバマの

広島訪問の件でも先手を打たれている。

いや、先手を打たれること自体は快感なのだ。

「そうだ、そうだ、その通りだ」と同感するのは嬉しい。

心強いというか、頼りになるなあと思う。

 

しかし主にスマホで日本のニュースを知ることのはかなさ、

なんかこう歯がゆいね。

明日は朝食とったら空港に行って、帰国の途に就くので、

ブログが書けないと思う。

早く新聞・テレビのニュースが見たいよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ